ノーベルバイオケアワールドカンファレンス

砂盃 清 院長がラスベガスのインプラント研修に行ってきました。 
6月5日(月)から10日(金)にかけ、アメリカ・ネバダ州のMGMグランドホテルにて「NOBEL BIOCARE WORLD CONFERENCE 2005 LAS VEGAS」(Nobel Biocare社主催、Heliane Canepa CEO)が開催されました。5日間にわたるイベントには全世界から約160名の演者と6,000名あまりの歯科医師やコ・デンタルスタッフが参集し、最新のインプラント事情の理解を深めました。

ラスベガスの風景 >> マッキャランエアポート&ストリップストリートに面したホテル群

NOBEL BIOCARE WORLD CONFERENCE 2005 LAS VEGAS >> MGMグランドホテルにて

今回の目玉のプログラムであるアリーナプログラムは、世界中から衛星生中継で、ライブセッションを行い、外科医と補綴医が連携したさまざまなテクニックや術式をライブにて紹介した。やはり、ライブということで、参加者はアリーナの巨大スクリーンのライブ映像に集中し、目の前で行われている世界最高水準の臨床家、さまざまな最新の手術手順や技術に魅了されていた。

展示のブースでは現在使われているものから新製品に至るまで、とてもわかりやすいデモンストレーションを披露してくれた。特に新製品については、その場で使用することができて、今回のカンファレンスの目的である「エビデンスに基づいたソリューション」を肌で感じることができた。

Quintessence DENTAL Implantologyより


Dr.Mick Dragoo氏来日、いさはい歯科医院へ来訪されました

過日、米国よりDr.Mick Dragoo氏がいさはい歯科医院へ来訪し、当院内の研修室にて研修講演を行っていただきました。彼はラスベガスでのノーベルバイオケアワールドカンファレンスで「単独歯および複数歯修復」のプレゼンテーションをされていました。
Dr.Mick Dragoo氏の経歴・・・
・歯周治療学とインプラント歯科専門の医院を開業
・1968年にネプラスカ大学歯学部を卒業
・1972年にワシントン大学から歯周治療学のMSDを授与される
・1972年から世界中の大学、連邦議会、大学院の教育プログラムで講演を行う
・15年前からドイツを定期的に訪れ、博士自身が主催する5〜8個の研究クラブで定期的に研修を行っている。補綴修復から始めて、現在は歯周治療学とインプラント歯科学を推進。

いさはい歯科本院 研修室にて


いさはい歯科医院